小石川町小児科・アレルギー科・皮ふ科クリニック

藤枝市の 小児科,アレルギー科,皮膚科
小石川町小児科・アレルギー科・皮ふ科クリニック

〒426-0033 静岡県藤枝市小石川町1丁目10-21-1
TEL 054-644-8800
求人案内
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。
皮膚科Q&A

病気のお話

気管支喘息・咳喘息(成人・小児)

気管支喘息(ぜんそく)・咳喘息とは

  気管支ぜんそく(成人喘息・小児喘息)は、呼吸をするときにヒューヒュー、ゼイゼイ(ぜんめい)という音が聞こえる呼吸困難を繰り返す病気です。
   咳喘息は、かぜの後に咳が2週間以上長引く、特に夜間や早朝に咳が悪化するなどの症状を認め、喘息の前段階とも考えられております。

  小児ぜんそくの場合、初めのうちは、カゼをひいたときのみ咳が長引いたり、ヒューヒューと呼吸にともなって音が聞こえる症状ではじまることも多いです。しかし、次第に典型的なぜんそくになると、風邪をひいていなくてもぜんめいが聞こえるようになったり、咳がでやすくなったり、運動をすると同じようにぜんめいや咳がでて、苦しくなることがおこるようになります。

  成人ぜんそくは、1日のうちで深夜から明け方にかけて強い咳が出たり、温度差のある場所へ移動したときに咳が出たりするのが特徴です。そういった症状が、長期間続くようなら喘息を疑う必要があります。
 気管支ぜんそくは、風邪などのウイルス感染やアレルギーの原因となる環境性抗原(ダニ、ハウスダスト、ペットの毛、フケ、カビなど)を吸い込むことにより、気管支粘膜でアレルギー性炎症反応がおこり、発症します。つまり、喘息は、「気道の慢性アレルギー性炎症」がおこっている状態と考えられております。気道の慢性炎症により、気管支が敏感(つまり、気道の通り道が突然収縮し、せまくなり、苦しくなりやすい状態)になると、冷気を吸ったり、走ったり、大騒ぎしたり、大泣きしたりだけで、咳、ぜんめいが出現したり、感冒の際にぜんそく発作が生じたりします。

気管支ぜんそくの診断は

 まずは、ぜんそくに似たような症状を起こす病気を否定します。ぜんそくを疑う症状を繰り返すこと、アトピー素因(アレルギー素因)の有無、アレルギーの家族歴、種々の検査(アレルギー検査、呼吸機能検査、呼気中NO濃度測定)、発作時の薬への反応性などを参考に診断していきます。

気管支ぜんそくの治療

 近年のぜんそく治療の進歩、ガイドラインの普及などにより、正しい診断、的確な治療を行えば、ほとんどのぜんそく患者さんがその症状で困ることがないレベルまで症状を抑えることができ、かつ薬の副作用もほとんどなく過ごすことができます。

治療は大きく2つに分けて考える必要があります。

  1. ぜんそくを起こさないようにするための気道炎症を治す治療(いわゆるコントローラーと呼ぶもの)
  2. 発作が起こってしまった時の治療(いわゆるレリーバーと呼ぶもの)

この2つに分けて考えます。

1.コントローラーについて
ぜんそくは、発作のないときにも気管支では24時間365日、常に炎症が起こっております。この喘息の本体である炎症を積極的に治療して発作をおこさないようにすることがぜん息治療の目標であり治癒につながります。毎日毎日の積み重ねが大事ということになります。
長期管理の基本は、適切な環境整備、薬物療法です。

  • 環境整備→気道炎症の原因となるものを調べ、取り除きます(アレルゲンやたばこの対策など)。
  • 薬物療法→気道の炎症を抑える、云わば火消し役となる薬です。ロイコトリエン受容体拮抗薬(オノン、シングレア、キプレスなど)や吸入ステロイド(フルタイド、オルベスコ、パルミコート、アドエア、シムビコート、レルベアなど)が現在主役となっております。

2.レリーバーについて
ぜんそく発作とは、気管の通り道が急に狭くなることになることにより、咳がひどくなり、ヒューヒュー、ゼイゼイという音が鳴り、呼吸が苦しくなった状態です。その際には、気管の通り道を急速に広げる薬が有効であり、そのことにより呼吸が楽になり、咳が緩和されます。β2刺激薬(メプチン、ベネトリンなど)の吸入・内服が速やかにその効果を発揮するために使用されます。

(当院で考える治療のポイント)
1)喘息のおもさと治療のバランス
 ぜんそくの患者さんでも間欠型と言われる軽症の方からほぼ毎日発作が起きてしまう最重症持続型と言われる方まで、その程度は人それぞれ異なります。一般的に小児ぜんそくにおいて、日本では諸外国と比較して、吸入ステロイドの使用量が少ないことが指摘され、近年日本でも吸入ステロイドは急速に普及し、ぜんそくの患者さんが快適な生活を送れるようになってきております。しかしその反面、ステロイド吸入が必要以上に使用されてしまうことがないように我々医師は常に気を付けていく必要があると考えます。

2)吸入治療について
 ぜんそくの治療でステロイド吸入を実施する場合には、吸入指導は必要不可欠とされております。適切な吸入指導を行わずにステロイド吸入を行うと、吸入ステロイドの効果が十分に発揮されず、副作用の頻度が高まる恐れもあります。また、吸入を毎日、日々施行していると、吸入の基本が徐々におろそかとなることも多々見受けられます。時々は、吸入手技の確認作業を行う必要があると考えます。

3)定期的な治療の見直し
 小児ぜんそくの約7割程度は治癒すると言われており、喘息の重さは一定でなく、ゆっくりではありますが、変化していきます。また、年齢によって使用できる薬、吸入の仕方なども変化していきます。親御さんと共に日々の状態の変化を観察し、その時その時のぜんそくの重さ、年齢、ライフスタイルなどに応じたベストの治療を日々見直していく必要があると考えます。

4)生活習慣
 喘息発作を防ぐためには、普段の生活を今一度見直す必要があります。家の中をこまめに掃除してハウスダストを減らし、じゅうたんや布製のソファ、ぬいぐるみなど、ダニの温床になりやすい環境を無くして、アレルゲンを排除することが重要です。
 成人ぜんそくでは、過労やストレスは、喘息の大きな誘因になるので、疲れた時はあまり無理をせず、十分な休養と睡眠をしっかりとることを心がけてください。アルコールや煙草は、気道の過敏性を高め、炎症を悪化させる原因になるため、極力控えたほうがいいでしょう。