藤枝市小石川町の婦人科、小児科、アレルギー科、皮膚科|小石川町小児科・アレルギー科・皮ふ科クリニック

054-644-8800

〒426-0033
静岡県藤枝市小石川町1丁目10-21-1

メインメニューを開く MENU
  • HOME
  • 診療案内/皮膚科
診療案内/皮膚科

皮膚科

皮膚科イメージ

当院では成人皮膚科を始め、小児皮膚科、アレルギーの関わる皮膚疾患診療にも力を入れて診療しております。赤ちゃんからご高齢の方まで年齢・性別を問わず、皮膚症状でお困りの方はぜひご相談ください。

保険診療
アトピー性皮膚炎

根拠・ガイドラインに基づいた診療を行っております。スキンケア・ステロイドやタクロリムス療法、proactive療法、漢方薬などによる治療。花粉症やぜんそくを合併している方には免疫療法による体質改善の治療も実施します。近年、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、アレルギー性鼻炎などのアレルギーの病気は、乳児期早期からの乳児湿疹の治療を行うことで予防しようという流れになってきております。

じんましん

各種抗アレルギー薬を中心とした治療を行っております。原因は何ですか?と聞かれるケースが多いですが、原因がない特発性のことが多いです。食物アレルギーが関与している可能性がある場合は、アレルギー検査を施行します。

かぶれ、手湿疹・主婦湿疹

難治の場合、状況により原因を突き止めるために、アレルゲンパッチテストも考慮いたします。なお、金属アレルギーの検査は当院では実施しておりません。

薬疹

原因検索のためには、疑わしい原因薬を持参いただき、検査を施行します。

湿疹・乾燥性皮膚炎、痒疹

外用薬の保湿剤や塗り薬を使って治療します。

脂漏性皮膚炎

頭部や顔面のいわゆるTゾーンにできる皮膚炎です。経過が長引く場合も多く、抗真菌薬、外用薬などを使用します。

水虫

足白癬、爪白癬、股部白癬など。顕微鏡検査などを実施して確認し、治療を行います。爪白癬も、近年、優れた外用薬や内服薬により治療可能となりました。

いぼ

液体窒素による治療をメインとしております。難治の場合はスピール膏なども使用します。

水いぼ(伝染性軟属腫)

10個未満と数が少ない場合は摘除しても良いかも分かりませんが、数が多い場合に摘除する場合は患者さまへの負担も大きく、その他の治療を中心に提案させていただきます。基本的には時間はかかりますが、自然治癒が望める皮膚病です。

とびひ・伝染性膿痂疹

夏場お子さまに多い病気です。抗生剤の内服、外用薬を使用します。難治のケースも最近は時々あり、その場合には培養検査なども実施し、原因菌や有効な抗生物質を確認し、治療します。

にきび

重症度に応じて、にきびの予防薬(ディフェリン、ベピオゲルなど)、抗菌薬の外用薬、内服薬、他、ビタミン薬、漢方薬などによる治療を行います。体質の面も大きい皮膚病のため、長期的な治療が必要なケースが多いです。

脱毛症

外用薬、内服薬やその他液体窒素、注射薬などで治療を行います。場合によっては血液検査も試行します。

やけど

水疱ができた場合などは家で経過をみずに受診ください。初期対応が大切で、重症度に応じた対応を行います。

日焼け

痛みや水ぶくれができている場合は、受診をお願いします。

白斑

範囲の狭いタイプに対しては、外用薬。範囲が広いタイプに対して、光線療法を実施できる医療機関にご紹介させていただきます。

帯状疱疹

できるだけ早期の抗ウイルス薬の内服、痛み止めによる治療がメインとなります。目にも病変がある方は、眼科へも受診ください。

単純ヘルペス、性器ヘルペス

性器ヘルペスを頻回に繰り返す方(2カ月に1回以上で症状がでる方)には発症を予防する治療(毎日予防的にウイルス薬を内服する)もあります。予防内服は、再発症状を抑えるばかりでなく、体内のウイルス量も減らし、再発しても症状を軽くできます。再発症状がなくでも、しばらく長い間飲み続けることが大事です。

婦人科との境界疾患

陰部・デリケートゾーンのかゆみ、痛み、できもの、出血。膣カンジダ症(疲れ、抗生剤内服後、妊娠などが引き金になりやすいです)に伴うかゆみ、生理に伴うかぶれ・アトピー・花粉症に伴うかゆみなどで受診される方が多いです。受診することを迷われてしまう方も多いですが、悪化する前にご相談ください。抗真菌薬、抗生剤、ステロイド薬、その他かゆみ止め、漢方、生活指導などで総合的な治療を行います。

泌尿器科との境界疾患

陰部のかゆみ、痛み。亀頭包皮炎(痛みや膿がでてくることも多いです)やかぶれ、真菌性(股部白癬、カンジダ症)で受診される方が多いです。

〇漢方薬での治療も実施しております。
〇その他、幅広い皮膚疾患に対応させていただきます。

当院で現在診療を行っていない疾患について

①皮膚腫瘍・膿瘍(うみがたまったもの)、裂創、マダニ咬傷などに対しての切除・切開・縫合などの外科処置。当院では設備や体制が現在不十分のため、実施しておりません。外科や整形外科などへ受診ください。
②ひと、犬、猫などによる咬傷→外科、整形外科などへ受診ください。

自由診療

薄毛治療・AGA(男性型脱毛症)の方には、プロペシア、ザガーロなどを院内処方いたします。これらの薬剤の処方を希望される方は、薬を取り寄せる必要があるため、予め病院へご連絡ください。
副作用として、食欲減退・全身倦怠感(肝機能障害)・性欲減退・勃起機能不全・乳房障害・抑うつ症状などの症状が出現する場合があります。服用中に体の異常を感じた場合は、すぐにご相談ください。
AGAの1カ月分の薬代、診察料込みの料金は、下記のとおりです。

プロペシア(0.2mg、1mg) 8,100円
フィナステリド(0.2mg、1mg)
※プロペシアのジェネリック
5,400円
ザガーロ(0.1mg、0.5mg) 9,200円

※料金は税込み表示となります。